脳動静脈奇形闘病記(病気の経緯)

7月

 7月は本人も意識が無いし、特に変わったこともないので、書くことがないので、この病院のスケジュールみたいなものを紹介します。朝御飯は8時で、それまで寝ていてよく、昼御飯が12時で、夕御飯が18時でした。ここは恐ろしくド田舎で、周りは田圃だらけでしたが、取手協同病院という農協系の病院でしたので、食事はかなりおいしかったです。僕はそれまで朝11時に起きて夜2時に寝るようなかなりルーズな生活をしていたので、最初はそれにあわせるのがすごく大変でした。後、意識がもどってからも目が見えないので、暇つぶしはラジオでしたが、この病院は窓際でないとAMのNHK第一放送も入らないという恐ろしい所で、いつも窓の枠にラジオを置いて、聴いていました。

 この頃、ICUから個室に移り、大部屋に移っていったようです。本人は全然覚えがないのですが、看護婦さんをつねったりしていたそうです。

戻る / 次へ