食事

 食事は、朝食だけ最初に和食か洋食のどちらが好みか選ぶことができたが、それを途中から変更する事は出来なかった。

 私は洋食にしたのだが、洋食だと、スクランブルエッグ等の卵料理や野菜サラダに始まり、パン(大体食パンだがクリームパンのような菓子パンの時もあり)と(食パンの時はジャム)牛乳が出る。

 一応献立表があり、毎週だか2週間に一度ナースステーションの前の掲示板に貼り出されるのだが、最初のうち、私は担当の看護婦から内緒でもらっていた。

 しばらく、その看護婦さんに「先週も頂きましたぁ」などと言ってもらっていたのだが、ある日を境に「欲しい人は沢山いるのに桧谷さん一人にサービスする訳にはいきません」と言われ、もらえなくなってしまったので、献立が貼り出された時に母を連れて読み上げてもらい、写し取りに行っていたものである。

 そのうち、朝食のパンのジャムの量が少ないので、自分で持ち込み、勝手に塗って食べるようになった。

 そもそも、牛乳に合わせて、インスタントコーヒーとダイエットシュガーをを持ち込みコーヒーを少量の湯で溶き、朝食の牛乳で薄めてコーヒー牛乳にして飲んだのが事の始まりだった。

 そのうち段々この持ち込みがエスカレートし始め、サラダ用のマヨネーズ、ドレッシング、ソースや醤油に及び、コーヒーが紅茶にまでなり、終いには紅茶に苺ジャムを溶かしたロシアンティーをルームメイトにご馳走する所までいってしまい、担当の看護婦に注意されてしまい、結局、一部強制的に母に、本当に必要な物以外自宅に持ち帰られてしまったのである。

前へ / 次へ