簡単に美しい写真を撮る方法

 バカチョン(コンパクト)カメラ、『写るんです』などの使い切りカメラや、最近流行りのデジタルカメラで、大層な機材を使わず、簡単に美しい写真を撮る(写真撮影する)にはどうしたら良いかということを考えてみます。

1. フラッシュ(ストロボ)は使わない
2. 生物(人物含む)を撮るときは、対象の視線の高さで撮る
3. 生物(人物含む)を撮るときは、後ろからは撮らない
4. 写真一枚で、なるべく事象を説明する
5. 写真屋さんを選ぶ
6. シャープをかける。
7. ブレないようにする。
8. なんでも入れようとしない
9. 逆光を恐れない
10. フラッシュ(ストロボ)を使う際の注意

 上記の事を実践すると、周囲から見るとかなり変な人に見られることになりますが、それは個人の判断で(笑)。また全ては基本です、これを崩してはじめて応用が成り立ち、個性が生まれてくるのです。


実例

夕日を撮影する

ホーム | サイト内検索