インターネット上(メールの添付ファイル含む)では、現在GIFとJPEGの二つの形式が良く使われます。最近画質もよいPNG方式というのも使われてきていますが、あまり一般的ではありません。

 GIFとJPEGは、GIFがタイトル画像や文字のみの画像に適しているのに対し、JPEGは写真や絵画のような色数の多い(連続した階調の)画像に適しています。またGIFは256色までしか扱えないので、色のモード(Photoshopではカラーモード)を256色のモード(Photoshopではインデックスカラー)にする必要がありますが、JPEG形式と違って画像の劣化がないので色数が少なければGIF形式が適しています。

 両方とも、画像書類の容量を小さくするために圧縮をかけています。GIF形式ならまず画像の色数を256に減らすのがそれだし、GIF、JPEGともその後の画像の保存でなるべくの容量の低下を計っています。こういった圧縮を難しい言葉で『不可逆圧縮』と云います。これは要は圧縮した書類を元に戻そうとしても戻せないという意味で、通常の書類の圧縮(ZIPやSITやLZHの圧縮)は解凍すれば元に戻る(『可逆圧縮』)ようになっています。ここが違います。

図1: JPEG保存時の圧縮設定
図1: JPEG保存時の圧縮設定

 JPEGは圧縮の割合を保存時に調整することができます(図1)。ここでややこしいのが、圧縮率が高くなれば画質は逆に低くなるということで、これは圧縮率が高くなる、つまり書類のサイズが小さくなればなるほど逆に画質は犠牲になるということです。この塩梅を通常(あらかじめJPEGの圧縮率が決まっていなければ)設定できるのです。下に例を示します。


JPEG形式の圧縮率の違いによるファイルサイズと画質の関係。(括弧内は画像サイズ)

JPEG形式の圧縮 超低画質
JPEG形式の圧縮 超低画質 (5kb)

JPEG形式の圧縮 低画質
JPEG形式の圧縮 低画質 (8kb)

JPEG形式の圧縮 高画質
JPEG形式の圧縮 高画質 (11kb)

JPEG形式の圧縮 標準
JPEG形式の圧縮 標準 (17kb)

JPEG形式の圧縮 最高画質
JPEG形式の圧縮 最高画質 (27kb)


GIF形式が適した色数の少ない画像をJPEGで保存してしまった場合。

JPEGで保存してしまった場合 GIF
GIF形式

JPEGで保存してしまった場合 JPEG
JPEG形式

写真日記 | お問い合わせ

(C) Masuda Arata このサイトの無断転載を禁じます。