デジカメ(デジタルカメラ)で撮った写真をパソコンに取り込み、それ(あるいは通常の写真などをスキャナで読み込んだデータなど)を加工する方法を説明します。例としてAdobe社のPhotoShopを使用していますが、対象となるソフトを限定しないように説明しています。


画像の明るさを調節する。

 明るすぎる写真や、暗すぎる写真は、画像の補正によって全体の明るさを調節することができます。画像のトーンカーブという線の形を、上に歪曲した形にしたり、下に歪曲した形にしたりすることで、調節できます。

トーンカーブ
トーンカーブ

 他に、『ヒストグラム』(Photoshopではレベル)といのような山を動かして同じものを調整する方法もありますが、トーンカーブを使って調整する方法をお勧めします。トーンカーブはもの凄く簡単に云うと、上にあげれば明るく、下にさげれば暗くなるという線ということになります。

 トーンカーブについては、下記の『トーンカーブとは?』をご覧になることをお勧めします。さして難しいことは書いていないので。


画像の一部の明るさを調節する。

 前項の『画像の明るさを調節する』では画像全体の明るさを調節しましたが、実際は画像の一部分の明るさを調節する場合が多いと思います。これをするためには、画像の一部分を選択し、その部分のみに前項のようなレベル補正を施すという作業が必要です。ですから前項の『画像の明るさを調節する』を読まれることが必要かもしれません。トーンカーブについては、こちらの『トーンカーブとは?』を参照してください。

 『投げ縄ツール』(Photoshop: 投げ縄ツール)を利用して、明るくしたい(暗くしたい)部分を選択します。通常このツールは画像処理ソフト一般に広く使われており、この機能がないソフトはないと云っても過言ではありません。この『投げ縄ツール』は、マウスでドラッグ(マウスのボタンを押したままずりずりと動かすこと)した範囲を選択するという機能を持っています。画面の端はどうするのかという疑問を持たれるかも知れませんが、通常画面の外をそのままドラッグしていけば問題なく選択できます。


ゴミなど邪魔なものを修正する

 スタンプツールなどと呼ばれる(Photoshop: スタンプツール)、画像の一部を他の部分に移すツールを選択します。Photoshopではスタンプツールはブラシの大きさが反映されますので、修正したい部分の大きさに併せ、ブラシパレットでブラシの大きさを選択してください。(Photoshop スタンプツール: )optionキーを押すとこのようなアイコンになり、そのまま画像複製の元となるところ、つまり同じ模様と色の場所を選択し、クリックします。これで複製元の選択は完了しました。次に複製先、つまり修正したい部分に先程の行動(複製元の場所でOption-クリック)の後、ドラッグして複製をし、ゴミや傷の修正を行います。

ブラシパレット
ブラシパレット

 またこれは別の画像を複製元としても複製可能ですので、別のゴミや傷のない画像の同じと思われる部分から同じように複製してくることもできます。


シャープをかける

 最後にシャープをかけます。シャープをかけるというのは、撮ったままの状態では通常少しボケたような感じになっているので、これを少しシャープにして、見た目の鮮鋭度を増すということです。この最後にというのが重要で、シャープをかける処理をしてから画像の大きさなどを変えて補正をしてしまっては全く無意味で、全ての画像処理作業が終わってからシャープをかける作業をします。
 Photoshopでは、『フィルタ』メニューの中の『シャープ』という項目の中に、大きく分けて2つの、『シャープ』と『アンシャープマスク』という項目があります。通常の『シャープ』やそれに付随する大きさの違うものが『アンシャープマスク』と違うのは、細かい調節ができないというだけのことです。『アンシャープマスク』では、細かく調節ができますが、初心者には少し難しいと思うので、ここではそれ以外の『シャープ』や『シャープ(強)』を使用することをお薦めします。

 また印刷原稿として使用する場合、シャープは見た目より少しきつめにかけておいた方が良いようです。

 プリンターには、印刷時に原稿に自動的にシャープをかけてしまうものもあるので、その場合はそれを外しておかないと、シャープをかけた画像を印刷すると2重にシャープがかかって過剰に、またかけていない画像は本当はあまくてボケたような画像でもある程度しゃっきりしてしまうということになってしまいます。

 シャープの強弱は、インターネットで画像を公開した際のサイズと大いにかかわってきます。シャープをたくさんかけた画像はサイズも多くなり、弱い画像や全くかけない画像はサイズも少なくてすみますので、調節して良い加減を探してみてください。


撮影後そのままの、何も施していない画像。(8キロバイト)


シャープをかけた画像。(10キロバイト)


シャープをかけた画像を容量を小さくして画質を犠牲にするとこのように劣化する。(3キロバイト)


保存するファイル形式を選ぶ

 保存するファイル形式には色々あり、迷うと思いますが、それぞれ代表的なファイル形式の長短を羅列していきたいと思います。

Photoshop(フォトショップ): Photoshop固有の形式で他のソフトではほとんど開けないが、レイ ヤーや効果などのPhotoshop固有の機能をそのまま保存することができるので、自分の作業の保存用に最適。
拡張子は.psd

BMP(ビーエムピー): Windowsの一般的な画像形式、Macintoshで云うところのPICT形式にあたる。ただし大変容量が重いという弱点がある。
拡張子は.bmp

GIF(ジフ): GIF形式と呼ばれるCompuserveというパソコン通信で広まった画像形式、だからCompuserve GIFとも呼ばれる。JPEGと共にインターネットの世界ではよく使われる。JPEGが写真のような画像に適しているのに対し、こちらは文字のような色数の少ない単調な図版に適している。カラーモードを『インデックスカラー』という無理矢理256色に減らす処理をしないと保存できない。
拡張子は.gif

EPS(イーピーエス): 前にPhotoshopなどのそのソフトの名前がつくことがあるが、これはどのソフトで作製したかという意味だけで、関係ない。印刷に適した形式で、画像の表示性能が劣る機種でも問題なく表示できるよう、本当の画像とは別に表に出るプレビュー画像という解像度の低い画像を持っているのが特長。Quark社のQuarkXpressと相性が良い。
拡張子は.eps

JPEG(ジェイペグ): GIFと共にインターネット上(メールの添付ファイル含む)で良く使われる形式、先述したように、GIFが文字のような色数の少ない単調な図版に適しているのに対し、こちらは写真のような(連続した階調の)画像を保存するのに適している。
拡張子は.jpg

PDF(ピーディーエフ): Adobe社の提唱するPDF形式(容量が軽く、HTML形式に比べレイアウトも自由で、機種による表示の差も少ない。)での画像の保存。特にPDFでという指定がない限り、使うことはない。
拡張子は.pdf

PICT(ピクト): Macintoshで標準の画像形式。ファイルとリソースの二つがある場合はファイルの方でほとんど事足りる。Macintoshでは一番普通の形式、どんな機種でも開ける。
拡張子は.pct

PNG(ピーエヌジー): 最近出てきたインターネット用画像形式。これまでのJPEGやGIFのように軽くて可逆圧縮(可逆圧縮については下の『インターネット上のファイル交換の形式について』を参照。)なのがウリだが、普及は今ひとつ。
拡張子は.png

TIFF(ティフ): Windowsの世界から出てきた、BMPに比べ、大容量、高画質向けの形式。印刷向けでEPSと似た部分があるのだが、コンピューターの性能の進歩に伴い、低画質のプレビュー画像を持たなくなった。EPSがレイアウトソフトではQuarkXpressに向いているのに対し、こちらはAdobe社のPageMakerやInDesignに向いていると云われる。
拡張子は.tif

写真日記 | お問い合わせ

(C) Masuda Arata このサイトの無断転載を禁じます。