裏方から見る山あげ

山を上げるための準備は、まずその骨組みとなる竹を組み立てることから始まる。骨組みを作り終えたら次は、烏山特産の和紙が張られた山の表を骨に縛り付けていく。後は合図で一斉に山を上げるのを待つばかりとなる。

 

前のページへ

次のページへ

(色付きの枠で囲った写真をクリックすると、より大きなサイズで見ることができます。)

(C) Copylight Masuda Arata 1999